大工ですこんにちわ!是非見てってください。


by 4yuvbvdhai
 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、応援に使われている南アフリカの民族楽器「vuvuzela」(ブブゼラ)が注目を集める中で、アップルの携帯電話のアイフォーンや新型携帯端末のアイパッドで、ブブゼラの音を再現するアプリケーション(アプリ)が登場している。「vuvuzela」で検索すると、有料版、無料版を含めて約10件ほど見つかり、軽くタップしたり、本体を振ったりすると「ブァー」という独特な音が出る。音量には注意して遊んだ方がよさそうだ。

 ブブセラは、ラッパのように息を吹き込んで鳴らすプラスチック製の楽器。試合中に吹き鳴らすが、競技場での大音響には、世界中のテレビ視聴者から苦情が出ているという。ただ、国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は「開催国の伝統を禁じるべきでない」とした。また、ロイター通信などによると、オランダのファンマルウェイク監督(58)は、開幕前の公開練習で約3000人のサポーターらがブブゼラを鳴らしたことに「選手とのコミュニケーションが不可能となった」と不快感を表明している。【毎日jp編集部】

友禅染をポップな現代アートに 外車ショールームで展示会(産経新聞)
東京地検、初のオープン会見=フリー記者、江川さんら参加(時事通信)
男女はねられ1人死亡=殺人容疑で捜査―道警(時事通信)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
<掘り出しニュース>「今日は暑いね〜半袖でも良いと思うよ」 盛岡駅前のキャラ「かなえちゃん」、ツイッター開始(毎日新聞)
[PR]
# by 4yuvbvdhai | 2010-06-18 14:32
 東京・歌舞伎町の雑居ビルで10日、韓国人男性(35)が2人組の男に襲われ、約3600万円入りの紙袋を奪われていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁組織犯罪対策2課などは強盗事件とみて男らの行方を追っている。
 捜査関係者によると、奪われた現金は韓国へ不正送金される地下銀行の資金とみられる。同課の調べに対し、男性は現金の出所について供述を拒んでいるという。
 事件は10日午後11時半ごろに発生。新宿区歌舞伎町の雑居ビルのエレベーター内で、2人の男が韓国人男性を殴るなどして、約3600万円が入った紙袋を奪い逃走した。男性は顔に軽傷を負った。
 男性は飲食店などで働く韓国人らから金を集め、地下銀行の拠点まで運ぶ途中だったとみられる。 

【関連ニュース】
スパイダーマン姿で強盗=牛丼店で3万円奪う
米兵少年に懲役3〜4年=裁判員「県民感情に流されず」
従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄
一審の裁判員判決を破棄=全国初、示談成立を考慮
裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感

大阪市立斎場の心付け問題 業者「見返り」証言も 市、免職10人含む42人処分(産経新聞)
がん組織、有機ELで発光=早期発見に活用も―群馬大(時事通信)
<FDA>次は何色? 4号機以降の色、人気投票(毎日新聞)
カネカ、三菱レイヨンに課徴金=樹脂改質剤カルテルで11億円―公取委(時事通信)
<子ども手当>満額上乗せ分は保育園整備に 菅氏「雇用創出」(毎日新聞)
[PR]
# by 4yuvbvdhai | 2010-06-08 00:10
 神奈川県を訪れている天皇、皇后両陛下は22日午後、同県中井町の障害者施設「県立中井やまゆり園」を訪問された。
 同園には、22歳から82歳まで116人が入所。両陛下は施設の概要について説明を受けた後、タンバリンやカスタネットなどを使った音楽療法を視察。天皇陛下は「太鼓好きですか」、皇后さまは「ずいぶん大きな音ですね」と笑顔で入所者に話し掛けていた。
 講師の島田由美子さん(54)によると、帰り際に天皇陛下から「もう1曲お願いします」とリクエストがあり、入所者は「かたつむり」を演奏して応えた。 

【関連ニュース】
障害者施設、6割が利用再開=自己負担義務化で調査

未承認薬開発、来秋にはある程度の実績を―製薬協新会長(医療介護CBニュース)
大阪府立高35歳教諭、下半身露出で現行犯逮捕(産経新聞)
薬物犯罪、目立つ地域格差 国際空港を管内に抱える地裁に起訴集中(産経新聞)
水とカニ殻から生体材料=有機溶媒使わず安全―金沢工大など(時事通信)
琴光喜関を事情聴取=野球賭博疑惑で―警視庁(時事通信)
[PR]
# by 4yuvbvdhai | 2010-05-29 01:54
 妊娠した交際相手の女性に「栄養剤」と偽り子宮収縮剤を点滴し流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、不同意堕胎の疑いで、金沢市内の大学病院に勤務する医師、小林達之助容疑者(36)=金沢市=を逮捕した。

 捜査関係者によると、女性は男性医師が昨年まで勤務していた都内の大学病院で看護師として働いていたが、男性医師と交際関係となり妊娠。男性医師は女性から妊娠を知らされると、「栄養剤」と称して自宅などで女性に点滴を打ったという。その後、女性は体調が悪化し、流産していた。

【関連記事】
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁
「中絶医師」射殺に終身刑 米中西部の裁判所
胸の左右間違え、針刺す 徳島大病院
医療ミスで胎児死亡、西神戸医療センターが心拍モニター外す
ガーゼ20年間、体内に放置 愛知・東海市民病院で医療ミス

羽田エアポート快特 石原都知事「止まらなくてもいい」(レスポンス)
フジテレビ、消毒せずに地元住民に取材しトラブルに(スポーツ報知)
DV夫が裁判所内で弁護士殴る(スポーツ報知)
庄野真代、出馬会見で「飛んでイスタンブール」熱唱(スポーツ報知)
郵便不正 共謀者は有罪…矛盾判決、調書採否が原因(産経新聞)
[PR]
# by 4yuvbvdhai | 2010-05-20 17:20
 日本原子力研究開発機構は10日、試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で同日、制御棒1本の挿入操作にミスがあり、試験を一時中断したと発表した。制御棒は約2時間後、正常に挿入された。環境への影響はない。

 原子力機構によると、この日の試験終了時、19本ある制御棒の2本を全挿入しようとしたが、運転員が操作を誤り、全挿入から3ミリ手前で制御棒が止まったため、午後8時50分に試験を中断。再び挿入操作を始め、同日午後10時38分に全挿入を完了した。原子力安全・保安院によると、運転員は今回、制御棒を初めて操作しており、全挿入の手前で制御棒のスピードが落ちることを知らなかったという。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:冷却系配管で高温警報

<鳥取連続不審死>捜査本部が解散 半年間にわたる捜査終結(毎日新聞)
劇団四季 14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
漁船転覆で1人不明=タンカーと衝突の疑い−石川(時事通信)
「全米さくらの女王」が大統領の親書とともに鳩山首相を表敬(産経新聞)
[PR]
# by 4yuvbvdhai | 2010-05-13 05:14